民泊新法、今秋国会へ前倒し。

日本経済新聞より、

政府が予定していた民泊新法は、来年の通常国会に提出する方針だったが、官邸側が官邸省庁に今秋の臨時国会への前倒しを指示しました。秋に成立すれば早くて年内に規制が緩和される見込みです。

民泊新法は、現在の旅館業法や特区民泊による許認可とは異なり、新しく民泊の法律を成立させて、スムーズに運用できるようにしたものです。

民泊新法では、簡単に届出や登録をすればサービスを始められるというものです。その他新しく始まる運用規定もあり、例を挙げると、民泊における年間の営業日数を180日以下の範囲内で設定するなどの規定もあります。以下、民泊新法についての検討会の資料を添付しておきます。

「民泊サービス」のあり方に関する検討会最終報告書

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です