福岡旅館業法施行条例の一部改正案パブコメ〆切間近!

福岡市で、7/4より旅館業法施行条例に規定する営業設備の基準及び営業施設について講ずべき措置の一部改正する案につき、市民へ向けて意見公募(パブリックコメント)を行っています。意見を求める改正案として5つ出ており、今年3月(同年4月施行)に改正された、旅館業法施行令、衛生等管理要領の改正に伴い改める案、それから、国の法令等の改正の趣旨に則り、改める案といずれも今後の民泊に於いては最重要事項な改正案であると認識しております。

他の地域で、特区民泊条例が施行されている中、今回の改正案は、特区民泊条例のメリットと簡易宿所のメリットを掛け合わせたようなもので、互いのデメリットも打ち消すような、民泊を行う上ではかなり画期的な改正案であると捉えることが出来ます。

福岡市役所の生活衛生課や保健福祉センターに尋ねたところ、この条例の改正案の市議会が9月に開催されるとのことで、実際に改正案が施行されるのが、早くて年内には決まるであろうとの回答でした。

あくまで、改正案でありますので、同じ内容が確実に議会で議決されるとも限りません。今後の民泊の問題点なども含めて、民泊にかかわっている方、民泊に関心がある方は、意見を出してみるといいのかもしれません。期日は、

※8月3日必着 〆切間近です。

福岡市から発行されている改正案の資料を下に添付しておきます。(福岡市のHPからもダウンロードできます)

意見募集案内

福岡市旅館業法施行条例の一部改正案について

福岡市旅館業法施行条例(現行)

意見提出様式(PDF)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です